本日の受付状況

おしらせ

求人のお知らせです
視能訓練士(月給 or 時給)を急募します❗️
受付・検査助手を募集します❗️

勤務時間・曜日応相談(シフト制)、 詳細は、お気軽にお問い合わせください‼️
院長が丁寧にご説明いたします。TEL 03(3620)4113
👁️眼科検査・眼鏡店コンタクトレンズ店勤務経験のある方は特に優遇
コンタクトレンズ処方や瞳を開く検査の方は早めのご来院をお願いいたします。
水曜日は全日手術のみとなり、外来診療は行っておりません。現在手術の予約待ち期間が長くなっております。ご不便をおかけしますがご理解いただけますようお願いいたします。
医療情報システム基盤整備体制充実加算に関する揭示です<PDF書類231KB>

初診の患者さまへ

中学生までの児童生徒につきましては保護者同伴での受診をお願いいたします。
当院では3歳児健診で眼科受診を指示された小児の受け入れを行っております。その際は、お電話で予約をお取りいただいてからの受診をお願いいたします。
コンタクトレンズをご希望の場合、眼科医会の指導に従いレンズの交付まで当院で行っております。処方箋のみの発行は行っておりませんのでご注意ください。
また、度数変更の必要が生じた場合は、後日改めて予約にて再検をお願いする可能性があります。
初めてコンタクトレンズを使用される方は装用練習や使い方や装用スケジュールの説明などの時間を必要としますので、ご予約の上、午前の場合は11時まで、午後は17時までのご来院をお願いいたします。

足立区の特定健診および糖尿病眼健診を受診される方へ

当院は足立区の指定医療機関のため受診が出来ます。
受付時間:
午前は11時まで、午後は17時までに受付を済ませてください。
ご予約について:
健診の予約は受け付けておりません。上記の時間内に直接受診をお願いいたします。
散瞳について:
区の指導により瞳を開かせる目薬をつけて検査します。薬の効果で5時間程度ぼやけた状態が続くので半日程度は自転車や運転は出来なくなります。

診療担当医師について

2024年4月より毎週火曜日(全日)と金曜日(午後)は2診体制で診療しております。お待たせする時間が短くなりますので、お忙しい方は2診体制のときにご来院をお勧めいたします。
また、受診したい医師のご希望があれば受付にておっしゃってください。
▶︎ 窪田医師のご紹介
▶︎ 星野医師のご紹介
毎週金曜日午前中の診察は阿部医師、毎月第4土曜日は戸辺医師が担当します。予約検査・治療は院長が担当します。どうかよろしくお願いいたします。
医療事務・検査助手、看護師を募集しています

新型コロナウィルス感染予防

ウイルス対策として全職員のウガイ手洗いに努めており、体調管理も徹底しております。検査機器は、患者様の接触部分について消毒をしております。
ウィルス感染拡大防止のため、ご来院の際はマスク等の着用をお願い致します。 待ち時間や診察時に、もし具合の悪くなることがございましたら、すぐにお知らせください。

当院はコロナウイルス対策として救急車にも採用されているオゾン除菌装置を設置しています。強力な除菌力を有するオゾンの発生器でコロナウイルス対策に有用です。

新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について(東京都福祉保健局ホームページへのリンク)

患者様に喜んでいただける眼科クリニックを目指して

綾瀬うえむら眼科 植村明弘

この度は、綾瀬うえむら眼科ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

「最近見にくくなったけど、大丈夫かなあ」
「悪い病気だったらいやだなぁ」

どなたでも病院に行く時は不安です。

綾瀬うえむら眼科に来ていただいた方には、悩みや不安にしっかりとお答えするように心がけています。 また、納得して治療を受けて頂けるよう、患者様の目の写真をできるだけ使ってわかりやすく説明しています。これまでの経験・知識を総動員して最適な治療を患者様にご提供して、「安心しました」「来て良かった」と感じていただけるように日々研究努力しています。

  • 医院受付
  • 院内風景
  • 検査
  • 院長

症状から見る眼病

あなたの症状から眼の病気を調べます

あなたの症状は?

痛い かゆい 目やにがでる
涙がでる 目が乾く かすんで見える
だぶって見える 中心がゆがむ 見えない部分がある
① 痛い
ものもらい(麦粒腫)
まぶたの脂の腺にばい菌が入り腫れてきます。
さかまつげ(瞼毛乱生)
まつげが黒目に当たって傷をつけるために痛みます。
角膜びらん
目に入ったごみやコンタクトレンズによる黒目(角膜)の傷です。炎症が強まると難治です。
角膜潰瘍
黒目(角膜)でばい菌が炎症を起こし巣を作っています。肉眼でも白く濁っているのがわかる場合があります。充血も強いです。緊急治療が必要です。
急性緑内障発作
激しい目の奥の痛みと充血をおこします。吐き気や頭痛を伴うことも多く、緊急治療が必要です。
② かゆい
アレルギー性結膜炎
花粉の時期のかゆみ(花粉症)によるものやペット・ハウスダストによる通年性のかゆみもあります。
春季カタル
アレルギー性結膜炎の重症タイプです。強力な点眼治療が必要です。
眼瞼炎
目の縁がただれてきたり、赤く腫れたりします。
③ 目やにがでる
結膜炎
ばい菌による白目の炎症です。体調不良時にでることもあります。
はやり目(流行性角結膜炎)
強い充血に加えてまぶたがくっつくような目やにと涙がしつこく出ます。片目から始まることも多いです。うつりやすいので保育園・小学校などは出席停止になります。
④ 涙がでる
涙道狭窄
涙の排出管が途中で狭くなると、流しきれない涙があふれてきます。涙道を洗浄したり手術で排出管を広げたりして治療できます。
ドライアイ
目の表面が乾燥するあまり、うるおすために眼が反応して一時的に涙がでます。
⑤ 目が乾く
ドライアイ
パソコンやテレビを長時間見ているとでやすいです。コンタクトレンズを長時間つけていると悪化する場合があります。
眼精疲労
合わない眼鏡を使っていたりして見づらいままにしていませんか?
① かすんで見える
白内障
60歳以上の方にはもれなく発症します。眼鏡を替えても見やすくなりません。視力が下がり始めたら手術を考えます。当院では日帰り手術を行っています(別欄を参照してください)。
緑内障
40歳以上の方では頻度が増えてきます。視界の一部に見づらい場所が出てきます。いまや日本人の失明原因第一位です。当院では2種類の視野検査計を用いて国家資格者による検査をしています。基本的には点眼治療を行いながら慎重に経過観察しますが必要に応じて手術の選択肢もあります。
硝子体出血
突然もやがかったような見え方になります。墨をこぼした様な見え方だと言う人もい ます。眼底の血管が切れて眼内に出血した場合に起こります。
② だぶって見える
乱視
片目をつむって見てもだぶる場合、乱視が原因の可能性があります。
外眼筋麻痺
両目で見た時にのみだぶって見えます。眼球を動かす筋肉が左右の目でバランスがとれていません。早めの検査が必要です。
③ 中心がゆがむ
加齢黄斑変性症
50歳以上の日本人の80人に1人が発症しています。進行すると視力を失うこともあるため、早期の治療が必要です。当院では黄斑の詳細を調べることができるOCT(光干渉断層計)を備えています。
黄斑前膜
網膜の中心である黄斑の上に薄い膜が張ってくることでゆがみを自覚します。視力が下がり始めると手術を行います。OCT(光干渉断層計)で経過を追うことで適切に手術時期を決定します。
黄斑円孔
黄斑の中心部が欠損してしまう病気です。やはりOCT(光干渉断層計)で診断します。早期の手術が必要です。
④ 見えない部分がある
網膜剥離
網膜の一部に裂け目が出来ることがきっかけで網膜がはがれてしまう病気です。日に日に見えない部分が広がってきたら網膜剥離の可能性が高いです。緊急の手術が必要になります。
脳梗塞・脳腫瘍
脳梗塞になると両目とも同じ側が見づらくなることがあります。脳腫瘍でも視界が欠けることがあります。視野検査がきっかけで脳梗塞が見つかることも多いです。
診療内容

眼科全般・緑内障・糖尿病網膜症(網膜硝子体疾患)・加齢黄斑変性・日帰り白内障手術・小児眼科(斜視・弱視)・オルソケラトロジー

当院の院長
綾瀬うえむら眼科院長 植村明弘

■ 綾瀬うえむら眼科院長 植村明弘


■ 資格
医学博士、オルソケラトロジー認定医、日本眼科学会認定眼科専門医、
光線力学療法認定医、ボトックス治療認定医

■ 略歴

平成 3 年
開成高校(荒川区)卒業
平成10年
千葉大学医学部卒業・千葉大学眼科学教室入局
平成16年
千葉大学医学部医学研究院(眼科大学院)卒業
平成10~17年
千葉大学・国立千葉病院・国立佐倉病院・成田赤十字病院等
平成18年
国立国際医療センター(現国際医療研究センター)厚生労働技官
平成21年
お花茶屋眼科院長
平成26年10月
足立区綾瀬に綾瀬うえむら眼科開院
窪田医師,星野医師のご紹介 ーー 院長植村

■ 眼科医師 窪田真理子

窪田先生は私(植村)の大学時代からの同級生で千葉大学眼科にも同期入局しており、令和4年度まで千葉大学医局に所属し千葉市立海浜病院の眼科医長を勤めながら千葉大学医学部附属病院で黄斑外来の担当もされていた優秀な先生です。
現在も非常勤医師として週に1回同大学病院の黄斑外来に出ていらっしゃいます。患者さんへの説明も丁寧な先生です。毎週金曜日の午後、私と共に2診体制になりますので、窪田先生をご希望の方は受付にてご指名ください。

■ 眼科医師 星野章子

星野先生と窪田先生、私(植村)は千葉大学時代からの同級生で千葉大学眼科にも同期入局しています。星野先生は令和5年まで千葉大学医局に所属されており、大学時代は糖尿病網膜症外来等を担当され、その後千葉市立青葉病院の医長を長く勤めてこられました。
難治性ドライアイをはじめとした前眼部疾患、甲状腺眼症、移植片対宿主病(GVHD)関連の眼疾患に精通されており多くの経験を積んでおられる先生です。患者さんへの説明も非常に丁寧な先生です。毎週火曜日は、私と共に2診体制になりますので、星野先生をご希望の方は受付にてご指名ください。

交通ご案内 地図

■ 住所 東京都足立区綾瀬4-8-17 相善ビル2F
■ 電話 03-3620-4113
■ 交通 JR常磐線各駅・地下鉄千代田線
    綾瀬駅 西口 徒歩2分

※オレンジの看板が目印です
院内はすべてバリアフリーです

駅側から見た入り口

駅側の外観

反対側から見た当院

江北橋通り側の外観

採用情報
++「綾瀬駅」北側徒歩2分の新しい眼科 ++
”週1日”から”フルタイム勤務”までOK
一緒にスキルアップしませんか?
<医療事務・検査助手>
電子カルテを使用した受付・医療クラーク・会計業務や検査補助業務などをお願いします。 眼科など、医療機関での勤務経験者ももちろん歓迎しますが、スキルアップの思いがある方であれば未経験者も大歓迎です。
週2日からフルタイムまで、勤務時間数などの各種条件はご希望をできる限り考慮します。 (フルタイム勤務や午後・土曜日に勤務できる方は特に優先します。なお、土曜日に月に1度も勤務ができない方は、申し訳ございませんがご遠慮ください)
前職給与待遇などを考慮します。時給制から月給制に移行した職員の実績もございます。
※ 眼科検査経験者優遇
ご興味をお持ちいただけた方は、まずクリニックへお気軽にご相談ください。
<看護師>
週1回からOK、特に水曜日に働ける方歓迎。
勤務時間
8:45~18:00 (土曜は12:00まで)
勤務時間・曜日応相談 (シフト制)
特に午後や土曜日勤務可能な方歓迎

※ご応募は、お気軽にお電話(03-3620-4113)ください。